かめかめさんぽ

世界一周ふたり旅

リスボンへ移動

6/13 リスボンへ移動 朝食を食べて、ゆっくりしてからバスターミナルへ。バスターミナルが移動して私たちの宿の近くになったのでありがたいです。 10:30のバスに乗ってリスボンへ。バスの中ではぐっすり。あっという間に着きました。乗り物酔いしやすい私で…

ポルト一日観光

6/12 ポルト一日観光 今朝はゆっくり起きて、朝食を食べて、洗濯をしてから、観光へ出かけました。 ポルトの観光は旧市街に集まっていて、昨日橋まで歩いた感じではそんなに時間はかからなそうなので、遅めの出発です。 ポルトの町は坂が多くて路面電車やメ…

ポルトガルへ移動とポルトの夜景

6/11 ポルトガルへ移動とポルトの夜景 今日のサンティアゴ・デ・コンポステーラからポルトガルの第2の都市ポルトへバスで移動です。 アルベルゲは9時チェックアウトなのですが、みんなまだまだゆっくりしてる様子でした。 最後のアルベルゲにお別れを告げ、…

サンティアゴ・デ・コンポステーラに戻ってきました。

6/10 サンティアゴ・デ・コンポステーラに戻ってきました。 朝はいつもより遅くまで寝られました。バスは8:40。バス停がアルベルゲの隣なので8:00までゆっくりしました。バスを待ちながら朝ごはんを食べて、8:30に来たバスに乗って8:40に出ました。今日は土…

フィステーラ

6/9 フィステーラ 朝は、ごとうさんにいただいたヨーグルトとマフィンとソイジュースを飲んでしっかり朝食をとって出発です。とうとう!ついに!やっとこ!最終日です。 そして未知の領域、30キロ歩きます。フィステーラまでは27キロ、その岬にある灯台まで3…

ムシア

6/8 ムシア 今日は寝坊せず起きることが出来ました。いつもよりちゃんと朝食も食べて、準備は万端です。 今日はついに海の町にいきます。サンシャンピエドポーから44日目。ついに海へと辿り着くのです。 アルベルゲを出てから最初はアスファルトの道を歩いて…

ドゥンブリア

6/7 ドゥンブリア またやってしまいました。3度目。日記を書きながら寝てしまい目覚ましをセットし忘れて寝坊です。これが仕事なら笑ってすまないことです。社会人として恥ずかしいです。これからはまず目覚ましをセットして日記を書きます。 慌てて起きて、…

サンタ・マリーニャ

6/6 サンタ・マリーニャ 夜中に誰かの奇声で目が覚めてから、いびきが気になって気になって眠れなくなったという諭さん。今朝はすこしぼーっとしています。 私も奇声には目が覚めてしまいましたが、その後直ぐに寝てしまいました。私の方が神経が太いという…

ネグレイラ

6/5 ネグレイラ 昨日は距離や歩数はないものの、やっぱり疲れたようで、夜はぐっすりでした。何故か月曜日の朝のような、休み明けのあのやる気の出ない感じが若干ありますが気持ちを切り替えてまたリスタートです。 6時過ぎにアルベルゲをでて久しぶりに朝日…

サンティアゴ・デ・コンポステーラ

6/4 サンティアゴ・デ・コンポステーラ この日がとうとうやって来ました。目が覚めてからアルベルゲを出るまでの1時間なんだか気持ちだけが焦ってそわそわそわそわ。ゆっくりで大丈夫でしょ。という諭さん。私はそれでもそわそわそわそわ。 そして出発してわ…

モンテ・ド・ゴゾ

6/3 モンテ・ド・ゴゾ 朝はゆっくり起きて、昨日残したスパニッシュオムレツをひと切れずつ朝ごはんにして、出発。いつもより1時間遅く出ましたが、それでも到着は早くなりそうです。 今日はついにサンティアゴコンポステーラを眼下に見下ろすモンテ・ド・ゴ…

ペドロウソ (アルカ・オ・ピノ)

6/2 ペドロウソ (アルカ・オ・ピノ) 昨日の夜は、団体客が夜11時過ぎまで大騒ぎしていたせいで、寝不足です。 アルベルゲは大体22時には電気を消して静かにしなければならない暗黙のルールがあるのですが、団体客のおばさま達は御構いなし。さながらお泊まり…

アルスーア

6/1 アルスーア ここ最近の楽しみは自炊です。節約の為に、バルやカフェでの食事はしないというスペイン要素がゼロのカミーノの旅です。今日も朝から、夕食をお腹いっぱい食べるため歩きます。(目的が変わってきてる…) ついに4月から5月になり、5月から6月に…

メリデ

5/31 メリデ 昨日は日記を書きながら寝落ち(2回目)して目覚ましかけ忘れて寝坊(2回目)です。 諭さんは周りの音で目覚めて、もう起きていました。まあ今日は早く出なくても大丈夫なので寝かせてくれたようです。予定より45分遅い出発です。 足の痛みはあるも…

パラス・デ・レイ

5/30 パラス・デ・レイ 最近、宿にトイレが男女各1個ずつしかないことがあり朝のトイレがゆっくり出来ないのが悩みです。どうしてシャワーが3つあってトイレが1つなのか。 それはさておき、今日は24キロ先の町を目指します。昨日に引き続き20キロオーバー…

ポルトマリン

5/29 ポルトマリン サンティアゴコンポステーラまで残すところ今日を入れて一週間の予定です。そして今日はいよいよ残り100キロ地点に到達(通過)します。巡礼のガイドブックもいまはもう後ろのページをめくる日々です。 昨晩相部屋だったカナダ人の女の子2人…

サリア

5/28 サリア 朝準備をしていると突然雨の音がしました。これまた、天気のすぐれない一日になりそうな予感です。雨はすぐに止み、ビショビショからのスタートは回避されましたが、私はまた雨対策に靴にビニールテープを貼り付けました。 今日はトリアカステー…

トリアカステーラ

5/27 トリアカステーラ 今日は下りです。下りは上りよりも辛いので気合い入れていきます。 と思いきや、いきなり急な上り坂。しばらくはアップダウンが続いて行くようです。 ガリシア州は村の間隔が狭い1時間ほどで一つ目の村に着いて、早速休憩。朝ご飯で…

オ・セブレイロ

5/26 オ・セブレイロ 今日は最後の難所です。ガイドブックではもう少し先の村から出発してオ・セブレイロという山頂の村まで約15キロ程の道のりですが、私達はペレヘの村からスタートなので、おおよそ23キロの行程です。どんな山道が待ち構えているのか。少…

ペレヘ

5/25 ペレへ 昨日は夜になっても気温が下がらず、暑さが部屋にこもっていて寝苦しかったです。夏本番のカミーノは想像したくないです。朝になって気温が下がったので、まずは汗だくにならずにすみそうです。 アルベルゲをでてアスファルトの歩道を歩いて行き…

カンポナラジャ

5/24 カンポナラジャ 今日はセパレート式のドミトリーだったので、周りがガサゴソするも気にせず寝ていました。今日は1時間遅く出発する予定です。 ゆっくり準備して、出発。今日も昨日の続きで下りスタートです。 一晩経って身体がだいぶ回復されてはいま…

リエゴ・デ・アンブロス

5/23 リエゴ・デ・アンブロス 今日も宿のみんなは早くに起きて準備をし始め、私達はその音で目覚めました。 6:00ぴったりに宿を出ました。スペインの朝はいつも遅いのでまだ真っ暗。ちなみに夜になるのも遅いのでカミーノに来てから夕日を一回も見ていません…

ラバナル・デル・カミーノ

5/22 ラバナル・デル・カミーノ 相部屋の韓国人たちははやーくに起きて準備万端。私達はその音で目が覚めて、ちょうど良い感じ。かえって早々に部屋に誰もいなくなってしまったので、電気をつけて声を出してガサゴソと準備ができたのでありがたかったです。 …

アストロガ

5/21 アストロガ 今日はとにかくねむいかったです。昨日は9時前には寝て、睡眠時間はバッチリなはずなのですが。頭がぼんやりして足が前に出ませんでした。 久しぶりに20キロ以上を歩いたせいでしょうか。 朝食をとらずにきたからでしょうか。 曇りのせいで…

サンタマルチン・デル・カミーノ

5/20 サンタマルチン・デル・カミーノ 今日は朝食付きのアルベルゲだったので、準備を済ませて食堂に6:00に行きました。簡単なものしか出ませんが。カフェコンレチェ(スペイン語でカフェオレ)とパンにジャムとバターを塗って。でも朝のお腹を満たすには十分…

レオン

5/19 レオン ついに今日はレオンに向かいます。巡礼をする前から大きな町ということで名前を聞いていた場所に。距離的にも全行程の半分以上来たということになります。 20キロ弱の道のり。いくつかの村を通り過ぎていくうちに、だんだんと車の数が増え周りの…

マンシージャ・デ・ラム・ムラス

5/18 マンシージャ・デ・ラム・ムラス 昨日の夜、雷が鳴っていたので、夜のうちに振り切ってくれないかな〜と祈る思いで寝たのですが、朝起きてみるとやっぱり雨の音がしました。結構強めに降っていたので、もう1時間遅らそうよと諭さんがいうので、二度寝…

エル・ブルゴ・ラロネ

5/17 エル・ブルゴ・ラロネ 今日は天気が悪い予報なので、早めの出発です。 アルベルゲを出るとすでに曇り空。 なんとかもってくれることを願います。 昨日買い込んだ荷物が一段と腰にきて最初の1時間でバテバテ。 ちょうど旧道と新道の分岐点にバス停の椅…

サアグーン

5/16 サアグーン 昨日の日記を書きながら目覚ましもかけずぐーぐーと寝落ちした私はすっかり寝坊です。諭さんに起こされ、慌てて準備。 そうだ、今日も巡礼だ。 頑張って歩かねば。 もう筋肉痛は全くなく身体が巡礼に慣れてきているようで、朝身体を起こすの…

レディゴス

5/15 レディゴス 起きるとすでに空いているベッドがちらほら。私達も、早々に宿を出ました。 カリオンデロスコンデスから、次の村までの約17キロは小さい村も何もない、ただただ麦畑の間を歩いていきます。まっすぐ、ひたすら、まっすぐの道を3時間とちょっ…