読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かめかめさんぽ

世界一周ふたり旅

堀江さんツアーでカイロの穴場巡り

1月27日

堀江さんツアーでカイロの穴場巡り

 

極寒のバスは少し予定より早めに到着して

無事生きてカイロに帰ってこられました・・・・

 

聞いていたバスターミナル(トルゴマーン)にはつかず、

カイロ駅とそのバスターミナルの間くらいの幹線道路に降ろされました。

ま、結果的に宿に近かったので問題はないのですが。

 

ふたたびサファリに戻ってきた私たち。

早朝に着いたのですが、ロビーに入れてくれたので

部屋が空くまで待っていました。

 

つい一週間前とはまた違って日本人の大学生たちが多く泊まっていました。

ちょうど卒業前のシーズンなのでしょうね。

私の弟と同い年の女の子で一人旅している子もいて、

思わず若いのにずごいなーと思ってしまいました。

旅の話で盛り上がって、諭さんは楽しそうです。

私もいろんな話を聞いてますますこれからの旅が楽しみになりました。

 

そんな中、堀江さんの話が話題に。

堀江さんはサファリに泊まったら堀江さんと言っても

過言ではないような有名人。

諭さんも以前の旅でお世話になったとかで。

一週間前に宿で聞いたときは、

堀江さんは違うところにいますとスタッフが言っていたの

あきらめていたのですが、

実はいまはサファリではなくその"隣"に引っ越したとか!

 

そしてお昼頃ついに堀江さんとご対面!

情報ノート、噂通りのお人柄で、一瞬にして宿がアットホームな雰囲気に。

 

これから宿のみんなと一緒に出掛けるとのこと。

よかったら一緒にどうですかときかれ喜んでついていくことに。

若干、夜行バスの疲れが残っていたのですがそれよりも、

ガイドブックには載っていないおすすめの場所があるとかで、

これは行かないとでしょうと!

 

まずはマイクロバスを貸し切ってぎゅうぎゅう詰めになって移動。

堀江さんについて行っただけなので果たしてここはどこなのか。

 

しかしながら、まず紹介してくれたのが

1ポンド札の絵になっているスルタン・カーイトバーイ・モスク

 

f:id:www-mix-ff:20170402041529j:plain

 

 

f:id:www-mix-ff:20170402040657j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402040815j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402040831j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402040843j:plain

すこしさびれた雰囲気の建物ですがステンドガラスや天井などがとても素敵でした。

 

私たちが見ていると地元の男の子が近づいてきて1ポンド紙幣を見せてくれました。

 

その近くで卓球をしている子供たちに交じって大学生たちは遊んで大盛り上がり。

 

f:id:www-mix-ff:20170402042054j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402042110j:plain

 

みんな惨敗してました^^;

エジプトの卓球恐るべし!

 

f:id:www-mix-ff:20170402043525j:plain

続いては通称:死者の町。

 

(後姿の堀江さん。お着物をきてエジプト人から注目の的で、行くところ行くところで写真を求められ大人気!)

 

ちなみに死者の町といってもこわ~いところではなく、お墓です。

 

f:id:www-mix-ff:20170402051636j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402051644j:plain

 

天井のないまるで住宅のような建物の地下にお墓があり

知らない人がみたらただの住宅地に見えます。

道が入り組んでいるのではぐれたら迷子になってしまいそう。

 

次の目的地までの途中でちょっと休憩。

 

f:id:www-mix-ff:20170402051405j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402051430j:plain

コックテールを食べました。

気になってはいたのですが、ちょっとおなか壊さないかなあと

なかなか手を出せずにいたのです。

思い切って食べてみましたが大丈夫でした。

おいしかったです!

 

つぎはその近くにある地区その名も

ガーベッジシティー(ごみの町)と呼ばれるマンシェット・ナセル

 

f:id:www-mix-ff:20170402052101j:plain

 

この地区に住む人はごみを分別することを生業といます。

町のいたるところにごみの山が。

そこに埋もれるようにそれを分別する人の姿が。

 

中には若い女の子や幼い子供もいました。

(写真を撮るのは控えました)

 

まるで大名行列をするかのよう

に堀江さんにつづいてぞろぞろとあるく日本人たちに

ここの子供たちは興味津々で、ハロ-!(時々マネー)と声をかけてきます。

写真を撮ると大喜びで次から次へとポーズを決めてくれました。

 

f:id:www-mix-ff:20170402052446j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402052539j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402052601j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402052608j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402052628j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402052653j:plain


f:id:www-mix-ff:20170402052709j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402052720j:plain

 

ここのごみから作ったリサイクルアートのお店に連れて行ってもらいました。

 

f:id:www-mix-ff:20170402053003j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402053022j:plain

かなりかわいいのがたくさんあります。

お土産にこのタペストリーを買いました。

 

f:id:www-mix-ff:20170402053031j:plain

 

 

f:id:www-mix-ff:20170402053051j:plain

 

まだまだつづいて


f:id:www-mix-ff:20170402054518j:plain


高台からマンシェット・ナセルを

 

f:id:www-mix-ff:20170402054548j:plain

 

左手にはうっすらピラミッドの影が!(本物まだみてないのに!!)



そして先ほどの写真の左端のビルの壁に絵がかいてありますが、

それをある角度から見ると・・・・

 

 

 

 

f:id:www-mix-ff:20170402054610j:plain

 

いくつものビルに描かれた模様が一つの絵に!

意味は不明ですがまるで曼荼羅のよう。

 

最後にこちら。

教会。イスラム教がほとんどのエジプトですが

ここの地区の人はキリスト教

 

f:id:www-mix-ff:20170402055127j:plain 


f:id:www-mix-ff:20170402060042j:plain


f:id:www-mix-ff:20170402060057j:plain


f:id:www-mix-ff:20170402060131j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402060149j:plain


f:id:www-mix-ff:20170402060217j:plain


ここは個人が立てた教会で、

サッカー場やジップラインなどの施設もあり、子供たちで大賑わいでした。

f:id:www-mix-ff:20170402060500j:plain


ロッククライミングなどのアスレチック

 

f:id:www-mix-ff:20170402060551j:plain


大学生たちはもちろんジップラインに挑戦していました。

 

f:id:www-mix-ff:20170402060614j:plain


私たちはおしゃべりしつつ待っていました。


f:id:www-mix-ff:20170402060645j:plain

 

f:id:www-mix-ff:20170402060819j:plain


地元の子に交じってサッカーする大学生の子も。

 

半地下の教会は思った以上に大きくて

教会というよりはホールのような印象でした。

f:id:www-mix-ff:20170402060951j:plain


f:id:www-mix-ff:20170402061007j:plain

 

こうして堀江さんツアーをたっぷり堪能した後は


豚肉を手に入れて(イスラム教は豚を食べてはいけないのでかなり貴重です!)

 

f:id:www-mix-ff:20170402061042j:plain

※グロテスクだったらごめんなさい。

(実はこの時、筋肉がまだピクピクと動いてました!驚くべき自動能!)

 

宿に帰ってみんなでシェア飯♪ 


料理のうまい大学生に任せて、私たちは出来上がるのを待つ担当・・・。

すみません!笑


そして出来上がったのは生姜焼き!

久しぶりで美味しかったー!

 

堀江さん、宿のみなさんありがとうございました!

 

今日はとても濃くて長い1日でした。